男性

土嚢袋を使って雨水シャットダウン|洪水防止の決定版

建物を守る

作業現場

新築の建物などには、傷が付くのを防ぐために養生シートというものが使われます。養生シートを敷くことで建物だけでなく家具などに傷が付くことも防ぐことが出来ます。養生シートはハサミやカッターで簡単に切れるため扱い易いです。

詳しく読む

回転をスムーズに

3人の作業者

建設や化学技術などはどんどん進化してきました。ですが、昔からの技術を現代に応用したものもあります。それがベアリングです。ベアリングは飛行機や新幹線など様々なところで大活躍しています。

詳しく読む

浸水被害を防ぐ

土のう袋

日本は降水量の多い国だと言えます。周りを海に囲まれた島国で、毎年台風の襲来があります。また、近年ではゲリラ豪雨などの一時的な激しい降水量をもたらす雨も増えています。またこういった激しい雨が降ると川の氾濫などを引きおこし、床下浸水などの被害が毎年起こっています。このような国では、土嚢袋が必要不可欠になってくると言えるでしょう。土嚢は、麻や様々な素材でできた袋に土や砂利を入れる事で使用されます。土嚢を隙間無く敷き詰める事によって雨水の侵入を防ぐ事ができるのです。こういった土嚢を使う事で、床下浸水などの被害を最小限に引き止める事が出来ます。また、川の氾濫が予想される場所に土嚢袋を敷き詰める事によって、川のルートを防ぎ、洪水などの被害を未然に防ぐ事もできるのです。このような土嚢は、ホームセンターなどでも購入する事が出来ます。大抵の場合、何枚かセットで販売しているため、雨の被害が予想される地域などでは購入しておいて常備しておいても良いでしょう。また、重しの代わりになるのも土嚢の良い所です。土嚢に土や砂利を敷き詰め、強風などで飛ぶ恐れがある物を抑える事が可能になります。最近ではこの土嚢に土や砂利を入れずに使用できる物も登場しています。それが吸水土嚢です。吸水土嚢は水に一定時間浸しておく事で膨らみ使用する事が出来ます。吸水土嚢もホームセンターで購入する事が出来ます。また、インターネットの通販サイトでも購入可能です。店舗に行く時間が無い忙しい人に選ばれています。洪水防止の決定版は土嚢袋なのです。

頑丈な足元

工事現場

建設現場などでは足場の設置が必要不可欠です。こういったものは足場レンタル会社に依頼してもいいでしょう。プロが組むので頑丈な足元を作る事が出来ます。こういったレンタルは日本全国で探す事が出来ます。

詳しく読む